王様 はじまりは、いつも。

PR

王様がインターネットならではの激安

崔瑩は雷攻の青白い光を体に纏い
鬼剣をグッと握りしめジリジリと
間合いを詰めていく

『お前は気を操る事が出来るのか
 だがそんな物では私は倒すことなど
 出来はしない』
『某は正面突破が信条
 真っ向から挑むのみ覚悟致せ』

銀の鬼はニヤリと笑い今の状況を楽しむ様に
崔瑩を見ていた
そんな二人を見ているウンスは堪えきれず
崔瑩と銀の鬼の間に割って入り
命を懸けて護ろうとする崔瑩を止めた

『テジャン駄目!
 貴方はこの高麗に必要な人なの
 簡単に命を懸けたらいけない』
『イムジャを渡す位なら某はこの身が
 朽ちるまで戦うのみ』
『迂逹赤や王様、チェ尚宮に
 私が顔向け出来なくなるじゃない
 私は良いの一夜だけでも貴方の女になれた
 それだけで充分だから』

ウンスは腹を決めて銀の鬼の前に歩み出ると
眸をじっと見据えている

『選ばれし私の花嫁
 これより私の子を宿し生むのが使命
 総てが終わればその身を私に差し出し
 贄になるのが花嫁の定め』
『貴方も己の宿命を背負い生まれて
 長い時を過ごしてきた可哀想な鬼なのね』
『私が可哀想だと?
 お前面白い事を言うのだな』
『さあ何処にでも連れて行けば良いわ
 私が行く事で皆が救われるなら
 喜んで付いていく』
『イムジャ…ならぬ』

ウンスはニッコリ笑って崔瑩を見ると
静かに首を横に振る
やっと想いが通じ結ばれし愛しい人
その人の為ならその人を護る為なら
何でも出来る

『では花嫁参ろう
 今宵は二人でゆるりとしようではないか』

銀の鬼はウンスの前に手を差し出すと
ウンスは眸を閉じてその手を掴んだ
崔瑩は唇を噛み締めウンスを止める様に
後ろから抱きしめ離そうとしなかった

 
ポチポチして頂けると大変嬉しいです(о´∀`о)

春はあけぼの、夏は王様

わたしって
モテるわけではないのね。
でも、とぎれることなく男はいて。
しかも絶妙なタイミングで。
なんでだろう??って考えた。
なかなか近寄ってもらえない笑
モテない理由は怖いからかなあ。
でもね、
城壁は高いけど、
門は緩いのです。
男にとってわたしは、
日本一リスキーな女の自覚がある。

だから、
好きになってもらえたら
それだけで感謝できる。
ありがとう、で付き合える。
例えば世の中が認める“いい女”像に
チャンネルを合わせてしまうとさ、

それって大衆の意見になるから、
大衆の女になるわけです。

それって結構な激戦区よ。

ちょっと怖いかもいれないけど、
みんなができることから、
イチヌケタを繰り返す。

あの人のようにはできない、
あの人のようにはできない、
あの人のようにはできない、
みんはできることが
わたしにはできない。

そこで、好きだと言われたら、
こんなわたしでいいんですかと
微笑んでしまうじゃない。

自分らしさって形あるものじゃないし、
つくりあげるものでもない。
引き算をし続けてわかる輪郭がある。
その輪郭も見えるものじゃないけど、
男女の凸凹のように、
自分のもう半分個と
出逢えるんじゃないのかな。
だからわたしはその時々で、
世界でたったひとりだけの
パートナーを見つけることが
あるいは引き寄せることが、
うまいんだと思う。

決してモテるわけではない。
ピンポイトで見つかるし、
それはお金も同じでね。

足りない分が、
ぴったりでどこから
流れてきます。

無駄にモテない。
無駄に貯めない。
↑書いてて気付いた(ФωФ)

今、募集している
子宮メソッド マリアージュ3ヶ月講座。
“マリアージュ”と付け足したのは、
自分が自分と結婚する(両思いとなる)ことで、
自分が自分のスポンサーとなり、
自分が自分のドクターとなり、
自分が自分のマネージャーとなり、
自分が自分のコーディネーターとなり、
自分が自分の栄養士となり、
自分が自分の脚本家となり、
自分が自分のアドバイザーとなり、
自分が自分のコンサルとなり、
自分が自分の夫となり、
自分が自分の彼氏となり、
自分が自分の王様となりと….
その他にもたくさんあるんだけど、
そんなふうに自分の中にある可能性と
パートナーシップを組んでは広げ、
実際に外側に産み出していく。
“引き寄せ”的にも書けるんだけど、
あえて“産み出し”と書かせてもらう。
自分の中の最高の自分を見つける。
そのサポートをさせていただきます。
そして常に、最高の運命の相手と
出会っている事を思い出しては、
自分を褒めてあげてほしいな。
今回はスピリチュアル的で
恋愛的なご案内となりましたが、
次回は健康についてかな^^
癌細胞を死滅させせる
ナチュラルキラー細胞や、免疫や、
善玉菌や自律神経のお話♪
それから子宮メソッドの考え方は、
巷のオーガニックとは違い、
自分だけのオーガニックを追求します。
よって、
西洋医学と東洋医学も、
あらゆる医学に敬意があります。
えっと、
今回の3期生募集で
今年の募集は最後となります。
来年からもっと長期になり
もっと高額となります。倍かな。
いよいよ、
認定講師制度をつくりたいのと、
卒業生サポートプログラムに入ります。
よって、
来年の新しい講座内容にむけて
こちらがお世話になりますので、
今回3期生申し込みの方、
今までの卒業生の方には無料で
自動的に来年の内容でサポートがつきます??
お待ちしてまーす^^
↓ ↓ ↓ ↓

PR

コメントは受け付けていません。