21世紀の新しい乗り換えについて

乗り換え

乗り換えの大運動会

ほぼ100%車移動のアリゾナ生活。
歩いて移動する事がほとんどありません。
なので日本に行くと、歩く機会が多い事に
驚かされます。
電車の乗り換えで階段を上ったり降りたり、
切符を買うのに並んだり、
駅の構内を行ったり来たりと、
日本は歩く歩く歩く。とにかく歩く!
4歳の弟はすぐに疲れてしまって…

お姉ちゃんがヨタヨタしながらおぶっていました。

私は息子を少しでも長く歩かせたいので、
「大丈夫。歩ける。あと少し。」
の一点張りだったのですが、
いつもはちょっぴり意地悪なお姉ちゃんが
逆にこういう時は優しいですね
「背中に乗っていいよ」
と何度もしゃがんではおんぶしていました。
ママが厳しいから、
私が優しくなくちゃと思うのかしら
もちろん長時間はおんぶできないのですが、
それでも弟の気持ちは少し晴れるようで、
その後は暫くまた自分出歩いていました。
きっとちょっと甘えたかっただけなのよね、四世は
お姉ちゃん、ありがとう
鮭子

乗り換え 少し愛して、ながーく愛して。

 こんにちは~

今日も来てくれて、ありがとう!

まずは冷たいお飲み物、どうぞ

 さて。

冒頭のタイトル通り。

今日は「スマホデビュー、なるか??」です。

人生50年(+α)、

織田信長が辞世の句を詠ったお年頃の私ですが…

生まれてこのかた、ケータイを持ったことがありません。

スマホどころかガラケーも、一度として。

何故かというと、一番は煩わしい。

いちいち誰かや何かと繋がるなんてイヤ。

一人が好き。 孤独を愛する女なんです。

二番目は、操作がめんどう。

覚えるまでがうっとうしい。

メカ音痴だから、イチイチつまずく。

「ああ~どうしようどうしよう、

この先どうなるの?このまま続行していいの??」

変な汗かきまくり、です

そして三番目。

ヒネクレもんなんで、「皆やってる」に反発心。

時勢に反して、アナログであることに

うっすら誇りさえ感じていた(笑)。

が、やんごとなき事情により、

ついに持たざるを得ない状況に陥った。

さてどうするか。

とりあえず、「スマホ 格安」でネット検索する。

ダーッと出てくる件数の多さにビビり、

まずは目についたサイトを開けてみる。

うっ… 早くも固まる。

SIMって?下り?上り?データ容量?

大文字が躍る、「月額〇〇円 サマーキャンペーン」

ばかりが目に飛び込むが、その下に「※」がやたら多い。

それは老眼には辛いものがあるのだ。

料金比較サイトも、判断材料になる知識がない初老にはツライ。

目がショボショボ。

頭はパンパン

これは、やっぱり店頭で話を聞くしかないなあ~

しっかし、それが一番嫌だったりする。

自分の無知ぶりをさらけだすのが、何よりイヤ。

わかんないくせに、プライドだけは山より高い

で、行こう行こうと思いながらも中々足を運べなかったのだが、

ある日、ふと大型電気店の前を通りかかったのが運のつき。

いつもだったら、警戒してよけて通るのだが、

その日は何となく入ってしまった。

そして店頭で美々しく光るスマホを眺めていると、

音もなくすす~っと男性店員が近づいてきた。

「スマホをお探しですか?乗り換えですか?」

「いえ、初めてなので…」

何故か声が徐々に小さくなる。

まるで「初めて」が「いえ、処女なので…」に近い

ニュアンスを帯びているのは、いかがなものか。

もじもじしていると店員は安心させるように

ニッコリ笑い、「大丈夫ですよ」と

大丈夫なの?あなたにお任せしていいの?

とやや上目づかいになった(///∇//)

「詳しい者をお呼びします」。

そしてさっそうと現れたのは、三十代位の女性販売員。

きびきびした動作とハキハキした説明は、

相当場数を踏んでいると見た。

「ケータイ、持ったことないんです、一度も」

「えっ、一度も!」

「ご主人は?ご家族の方は…」

「独り者で」

一瞬驚いたようだが、そこはプロ。

何事もなかったようにテキパキと進める。

「では、見積もりをお出しします。

初めてのお方でしたら、こんなプランはいかがでしょうか?」

淀みない説明は立て板に水、

口をはさむ余地がない。

けれどこちらも目を白黒させているばかりでは、能がない。

弱々しくも、はかない抵抗を試みる。

が、すべてアチラにしては「想定内」らしく、

全部「大丈夫」にされて

「それではお申込書を持ってきます。

今日でしたら、これから設定も全てして、

使い方もお教えしますよ」

えっ。話を聞くだけじゃ…

ちょ、ちょっと待って。

「あの、大体わかりました。

とりあえず今日のところは」

と辞去しようとすると、

強引に「待った」をかけられる。

先ほどの端末は2台しかないんですよ。

次に来られるときはもうないかも。

3月8月はどこも大掛かりにキャンペーンしてますけど、

こんなにフルセットお得なのは、今だけなんです。

月末は乗り換えの方が多いから、

キャンペーンを引っ込めちゃうこともあるんです。

今度来られても、どうなってるかわかりません。

最後、トドメの一言。

平日の今日なら私も予約入ってませんから、

設定から使い方まで丁寧にお教えできますけど、

週末は忙しいし、一通りの対応しかできないかも…。

素晴らしい揺さぶり方である。

ここまで言われると、グラつくものだ。

ただその日、私は朝から遠出していた。

そのうえワケわからん説明を聞いて、

疲れがピークに達していた。

「ごめんなさい。私、一度で決められない人なの。

服買う時も、ぐるっと回ってくるの。」

「私もそうですよ~」と涼やかに言いながら、

それでも獲物を狙う猟犬の目つきで微動だにしない

こうなると持久戦だ。

「疲れてるから、外の空気吸いたい。お茶飲みたい。

買い物してから、戻ってくるかも」

と正直に訴えても、彼女は動かない。

「じゃあ、戻られた時にすぐ手配できるよう、

お名前と電話番号だけ、記入していただけますか」

ここは折れた。

実際、契約してもいいと思ったから。

ただ疲れて判断力が落ちているのに、

即決するのだけは避けたかった。

最後の攻防。

なんとか天守閣は守ったぞ

そして深々と頭を下げて、電気店を後にした。

ああ~脱力。

よくがんばったなあ…

とにかく、一歩進んだ。

聞くのさえ怖かった私が、ちゃんと店員さんと話した。

ほんの少し、分かった。ぼんやりと全体像が見えてきた。

大きな前進だ。

自分へのご褒美にアイスクリームを買って、

帰路についた私でした

ではまた。

どうぞ今日もお幸せに

☆☆☆

 レイキヒーリング・ヒプノセラピーなど

 サロンメニューは、

 ご予約可能日は、

    
  または・・・
   pianoneko☆abelia.ocn.ne.jp (☆を@に変えて)

      (PCメールですので、受信設定をお願いします)

    078-599-6375 (自宅電話)

☆☆☆

よろしかったら、

ぽちっとどうぞ。

関連記事
  • 乗り換えの情報沢山

    ラーメン屋で隣に座った熟年カップルが大声で乗り換えの話をしていたFabulous!ブルゾンちえみですPON!が終わってそのまま、私は成田空港に向かいましたそう! ...

    2017/11/28

    乗り換え

  • 乗り換えを読み解く10の視点

    乗り換え馬鹿に馬鹿と言われる韓日の大長老の先生方のほぼ全員が大良心の叫びとして「独生女論&無原罪説」に反対しておられるというのに、なぜ日本UC本部は無視を押し通 ...

    2017/11/25

    乗り換え