観劇を知りたいのです

観劇

マスコミが絶対に書かない観劇の真実

皆様こんばんは?♪( ´▽`)

日曜日の夜いかがお過ごしでしょうか

あたくし、

お友達と、観劇でした。

今日は、アポロendとハデスend

両方観劇でした??
ハデスのせつない物語

今日は、神の悪戯千秋楽でした


そして、夜公演のカーテンコールにて、

ハデス役の渉くんのバースデー

一緒に祝えて幸せでした。


そんな今日の空

雲?でも、昨日見たいに、雨降りませんでした



が、


足は、靴擦れになるし、サイゼリヤでは、ハンバーグのタレかけられるわ
黒い服だったから良かったけど、
白や、薄い色の服だったら、と思うとね


店員の対応も、チョットイラって来たし。渋谷のサイゼリヤってあぁ、なんだな?

名刺渡して、クリーニング代払います。

って、誰もクリーニング代とか請求して無いし、
お金の問題じゃ無くて、対応のしかただよね


でも、


気をとりなおして。


本日のスタンプ

今年、蚊に刺された?

▼本日限定!ブログスタンプ

今年は、まだかな?(*´∀`*)
実家の妹は、あちこち刺されて大変らしいけど
そんな今日
本日もブログ読んで下さり
☆ありがとうございます☆
ペタペタも毎日本当にたくさん
☆ありがとうございます☆
お返し遅れててすいません
イイねもたくさんありがとうございます☆
本日の1枚

本日の主役

渉くん♪( ´▽`)
ケーキ
画像は、サイトからお借りしました。
誕生日だから、いいよね
同じ日
同じ時間を共有出来て幸せでした
では、
本日も☆お疲れ様☆
素敵な月曜日を☆

観劇の売れ筋情報や人気の秘密をを紹介、壇されない商品選びになる記事もあります

いやー、良かった。本当に良かった!
今晩(8/20)、2回目の観劇で、マイ千秋楽としました。
2回とも、平原綾香ちゃんで
何から、どう書いていけば良いか、構想のないまま、書き始めています。ちゃんと、なんとか仕上がりますように
まず、2回目の今日の席は、補助席のど真ん中にしました。実は、こんなに好評ながらも、まだ、これから先の回も、チケット、余っていて、取れるんです。私は、S席と、補助席のど真ん中で思案しましたが、終わってみて、ど真ん中補助席にして、大満足でした。でも、昨日の時点では、まだ東宝ナビザーブになかった位置で、なかなか良い前方ブロックの席が、当日の今日みたら、あがって来ていたので、その席が前もって、取れる状況だったら、そちらを選択したかもしれません。そんな訳で、思い立って行ける日、当日に、チケット手配するというのも、場合によって、良席、確保できる可能性、ありそうです 
さて。
お客さん層ですが。
7/30 も、本日 8/20も、年齢層、少し高めかも、と思いました。そして、それは、なんと素晴らしいことか、とも思いました (もちろん、若い世代の人達も沢山いましたよ!)
で、今回、日本初演ということでしたけども、個人的に、色々と思えたこと。
ミュージカル、まったく観たことなく、初めての方こそ、是非☆
→レミゼや、サイゴン、他の有名どころもそうですが、初めて見ると、凄いのは分かるし、もちろん、感動もするけれど、やっぱり、登場人物も多いし、歴史的背景も、少しは知っている方が、ストーリー掴みやすいので、まったく、丸腰で行ってしまうと、ディテールまで理解しきれず、ちょっと難しかった感が残ってしまいがち。でも、この作品は、登場人物、メインは5-6人なので、ストーリーが掴みやすいんです。なので、知らない人達同士で、行っても大丈夫。デートでも、お友達、家族、お一人でも。
やっぱり、曲・歌がいい。
→キャロルを知ってる世代にとっては、懐かしいのと、日本語訳版も、いいな、と思えるはずで。まったく知らない世代にとっても、古さを感じさせない、というか、古さを新しく思えるような、ルネサンス的感動を覚えられるはず。
これは願望なんですが。
→帝劇で見れて、凄く良かった。そこに不満は全くないのですが、個人的な好奇心で、再演あれば、クリエとか、小さめの劇場でも、観てみたい気も…。ライブ感が増すかも、それを味わってみたいな、と。そして、その場合は、客席数も少ないので、長くやって貰えると嬉しいな~、と。どうかな…
そして、感想日誌。
開幕して間もない、7/30 のソワレでは、オープニングから、拍手したかったけど、そこは、会場もまだシーン、って感じで。その後、ソニンちゃん(シンシア・ワイル役)の歌にも、拍手したかったけど、そこも、まだシーンって感じで(←周りを気にせずに、すれば良かっただけのこと)。その日は、ドリフターズが登場して歌い終えた辺りから、拍手の頻度も増え。たぶん、新しい作品なので、お客さんも、拍手したい気持ちありながらも、タイミングが自信なかったのかな、と思えました。1回目の観劇は、そんな感じだったので、今日は、絶対、遠慮なく、拍手して来たい!、と、お客としての目標みたいなものを抱いておりました(笑)。
さすが、開演してから何週間か経っていることもあり、リピートのお客さんも増えてたと思うのですが、念願かなって、オープニングのカーネギーホールのところから、今日は皆さんと一緒に、沢山、拍手出来たし、前半のソニンちゃんのところ含め、拍手の間、あったところでは、すべて拍手出来て、悔いなし、です
最初のオープニング、エンディングとも繋がって、素敵な構成なので、これから観劇予定の方、どうぞ、拍手喝采されてきて下さい
そして。拍手も、今日は皆さん、沢山していましたが、全体的に、自分含め、面白いところで、爆笑するお客さんも、かなり多かったです。やっぱり、こういうのって、初演の作品は、特に、似たような傾向ありそうですが、日にちが暫く経ってからの方が、お客と舞台との距離も、縮まってますね!
衣装替えが、シーンが変わる度にあって、そのファッションを見るのも、なんか楽しいです。キャロルは、コンサバな感じ、現代の日本でも、違和感ない感じで、シンシアの方は、お洒落なファッション。NYで見たとき、キャロル役の衣装、フレアスカートの時は、わざと野暮ったく見えるように、お尻とか、上半身に、何か入れて、スタイルの悪さを強調してるように思えました。日本のキャロルの衣装も、何か凝らしていたのか、気になります。…というのも、前回も今回も、観ていて思ったのですが、キャロル(平原綾香ちゃん)、パンツ姿で登場すると、すごく細身に見えましてね  何か仕掛けあっても、秘密かなー。伊礼彼方くんは、肉体美が、素敵でした
7/30 に観たとき、プロデューサー、ドニー役の武田真治くんが、1箇所だけ、歌うところがあるんですが、そこが、ちょっと、あれ?、と思えたんです。…と言うのも、その箇所、ブロードウェイ版だと、明らかに音痴でしかない歌い方で(←役柄、ですよ)、会場がドワっと、笑いの渦に巻き込まれるんです。CD でも、そうなっています。でも、7/30 の回では、なんか、そこが、全然、音程は外れておらず、普通だったので、日本版は、あえてそうしたのかな? 、と思っていました。その後、最近、観劇したお友達に、そこ、どうだったー?、と尋ねたら、「ちゃんと音痴だったよ」との回答が(笑)。なので、よし、今日は、音痴になってるんだろうな、と、それを確かめるのも、次の目標でした…で、結果。シンシアの旦那さん、バリー・マン役のアッキー(中川晃教さん)が、音痴に歌う箇所が出来ていて(笑)(前はなかったような…)、武田真治くんの方は、前回よりは、下手っぽい感じになってるけど、でも、そこまで分かり易い外れ方ではなく、微妙で分かりづらい下手さ加減(笑)。…で、思ったのが、井上芳雄くんもしょっちゅう言っていますが(笑)、音感ある人にとって、音を外すということは、とても難しいことなのかも…、と思えました 別に、これはクレームとかじゃないですよー。武田くん、演技も良くて。私、武田真治くんの舞台、観るの初めてでしたが、演技も上手で、良かったです☆
あと、この作品の素敵なところ。それは、キャロルが、時代と共に、人気を得ていくのは事実で、それはストーリーを観ていれば分かることなんですが、あくまでもそれ
は、ストーリーの主題ではなく、背景であること。主題は、彼女が、音楽家として登り詰めていくところではなく、あくまでも、普通の、一般的な人物として、旦那様との関係に悩み、もがき、苦しいながらも、まっすぐに、自分を生きようと決意して、進んでいく姿。そして、傍にいてくれる、シンシアやバリーとの友情。それから、シンシアとバリーとの関係。ふつうの人達が、共感しあえるテーマが作品の主題にあって、それを、素敵な音楽で繋いでいく感じなんです。
キャロルの生き方、内面こそが、まさにビューティフル
メインキャストの他に、ドリフターズや、シュレルズ、その他の役として、男性・女性アンサンブルさん達が複数、いらっしゃるのですが、この皆さまが、お上手なんですよ!なので、彼ら・彼女らの歌の後も、拍手喝采なんです。今までに観た作品で、既に気になっていたり、好きな役者さんも何名かいたものの、今回、初めて知る方も多かったのですが、プログラムのプロフィール、熟読してしまいましたよ!皆さん、実力ある方揃いで、今後も楽しみです 皆さんのコーラスも、耳福でした、ありがとうございます
今日は、オリジナルグッズのマスキングテープが頂けて、嬉しかったです
ほんと、どの歌も素晴らしかった中で、それに輪をかけて最高だったのが、一番最後の、キャロル(平原綾香ちゃん)が歌うビューティフル&I feel the earth move。全身全霊をかけての歌声。もう、お客も、カーネギーホールにいる気持ちで、拍手喝采です。その後は、当然、放っておいても、スタンディング・オベーションになります 初回も、今回も、皆で音楽にあわせて、ショータイム!、みたいな感じに 今日はなんだか、感きわまって、泣きそうになりました
BS 番組も良かったので、そのことも書きたいんですが、終わらなくなりそうなので、ひとまず、ここで切り上げます。
クリエ願望も書いたけど(笑)、そして、日本版再演、当然、願っているけれど、やっぱり、可能なら、海外版、日本でもやって欲しいです~。やったら、絶対、相乗効果になるはずで Twitterとか、皆さんのコメント読んでみると、皆さん、感激の感想ばかりで。ポジティブなコメントしか、目にしません。日本初演なのに、凄いことですよね 海外役者さん出演のコンサートや、海外作品の舞台も増えて来ているので、是非、ビューティフルも、来て欲しいです!誰か、権限のある方に、この声、届きますように…
ではでは、記念のアルバム↓
はー。
同じコメントで締めくくりますが、行けて良かった~
関連記事