パンくずリスト
  • ホーム
  • 観劇
  • 観劇のファッションカタログ

観劇のファッションカタログ

観劇

観劇 僕らは、短い夏を駆けぬける。

 

Noriko Matsumotoさん(@nya8nya5)がシェアした投稿 -

初日観てから、一日明けての観劇。
1階 8列目の良席でした。

幕開けの説明的な内容が理解できたからか、
細かなお芝居が変わったからなのか
(なんか、変わっているんだけど、何が変わったかはわかりません)
すんなり物語の世界に入っていけました。

上田久美子先生は、
物語のだれかに肩入れすることなく、
視点が広くって、
観る方は「今日はどの視点でみようかな!」
と無限に遊べますww
?

くーみん(上田久美子先生)の世界が味わえる
年齢にくーみん作品をめでられる
幸運に心から感謝ww

?

観劇 ミテ

8月だというのに天候が悪く

今一つパッとしない気分の中

クリエだけは連日猛暑にも負けない熱気で溢れています。

ご観劇有難うございます!

今日もGACHIにまつわるお話を。

ネタバレ注意です。

今回の舞台では

リプライズも含めてなんと

合計27曲!!もの楽曲が使用されています。

そのほとんどを作曲してくださったのが

佐藤泰将さんです。

僕は読売交響楽団による

「ミュージカル・ミーツ・シンフォニー」と「REPAIR」で

ご一緒しました。

今回の楽曲はどれも耳に残る名曲ばかりで

GACHIの世界は佐藤さんの音楽なくしては

成立しないといえるほど。

そんな中、実は3曲だけ既成の曲を使用しています。

1曲目は掃除の場面の後半に流れるクラシックで

ヨハン・シュトラウス2世のポルカ「雷鳴と電光」です。

これはs**t kingzさんのアイデアで

動きと音楽のバランスが絶妙ですね。

まるで「トムとジェリー」を見ているようです。

2曲目は由紀恵さんのバーで全員で歌い踊る

映画ナインで使用された「シネマ・イタリアーノ」です。

劇中では由紀恵さんがかつてやったことがあるダンスという設定

ですが、実際香寿さんは「ナイン」には出演されていません。

さらにこの曲は映画版のみに収録されており、舞台版にはなく、

このような形で本格的に翻訳上演されたのは

GACHIが日本初!ではないでしょうか。

(ちなみに原語では人名やイタリア語を連呼するのですが

訳詞するにあたり、意訳させていただきました)

そしてもう一曲は、やはり由紀恵さんが歌う

「ユー・レイズ・ミー・アップ」です。

日本ではケルティック・ウーマンが歌うバージョンが有名ですが

トリノ五輪で荒川静香さんが使用して一躍有名になりましたね。

日本語にも訳されていて、今回使用したのは

先日お亡くなりになった山川啓介さんのものです。

森山良子さんが歌われています。

「あなたは私の夢に翼を与える人

越えて行けるどんなに 苦しい山も海も」

誰かに勇気をもらう喜び

この場面にぴったりだと思い選曲しました。

舞台を作る人間の一人として

作品を通じ、観客の皆さんに

喜びをお渡しすることができたなら

これ以上の幸せはありません。

関連記事