パンくずリスト
  • ホーム
  • 観劇
  • 観劇にこだわるあなたのサイト

観劇にこだわるあなたのサイト

観劇

観劇の楽天店舗での激安通販情報、人気の通販店舗情報もあります

ADHDの人は映画や観劇が苦手なことが多いそうです。

私は苦手というほどではないですが、ひとりでDVDを見ているときは、15分ごとくらいに一時停止して休憩をとっちゃいますね。

なので映画一本みるのにとても時間がかかります

これも地味な多動なのでしょうか?

おばあちゃんになったら、もっと落ち着いて、いっぱい映画をみれるようになるかもしれませんね…もしそうだったら老後がちょっと楽しみです

火・木・土 更新です


いつもいいね!やリブログなど、ありがとうございます!励みになります

読者登録と設定で更新のお知らせメールが届きます

ツイッターでも更新のお知らせをしております

ポチッとランキングに1票いただけるさらに励みになります

こちらも参加しているので、押していただけると嬉しいです
 

めくるめく観劇の世界へようこそ

"STRAYDOG" Seedling公演『八月のシャハラザード』
八幡山にある劇場、ワーサルシアターで8/5(土)19:00~(Aチーム千秋楽)を観劇してきました。
ストレイドッグさんの舞台は今年2月の『アオイの花』、4月の『海街dialy』以来の観劇でした。

ここの劇場は地下にあるのですが、着いて地下降りて行ったら
開演前に入り口の前で飲み物や食べ物が振る舞われていて、

なんだかパーティ会場のようでした

入り口はお花がいっぱいで写真撮ったのですが、お客さんでごった返していて

うまく撮れていませんでした

※役者さんの名前はAチームの方

海の事故で亡くなった劇団員の天宮亮太(原篤志さん)と

仲間に裏切られ瀕死の強盗犯の川本五郎(門脇恵太さん)
既に幽霊の天宮の姿は誰にも見えないけど、瀕死の川本には天宮の姿が見える。

天宮の恋人へ別れの言葉を伝えたいという必死の願いに、

あの世への案内人の夕凪(松尾薫さん)は天宮と川本を不思議な力で繋げ、

二人を明け方までこの世に留まることを許す。

天宮は恋人のひとみ(佐藤茜さん)へ別れの言葉を伝えるため
川本は自身を裏切った強盗仲間の梶谷(青山了さん)とその梶谷の彼女で

梶谷に裏切るように仕向けたマキ(松宮安里さん)に復讐するため
それぞれの目的を果たそうと動き出して…
その展開に天宮と同じ劇団の後輩である武志(久家大輝さん)、あらた(亀田彩香さん)、

劇団主宰者の木島(中原和宏さん)も巻き込まれていく…

といったストーリー。

どんな感じかなと思ってたら、のめり込んで観てしまって本当にあっという間でした!

役者さん達みなさんがとっても生き生きとしているように感じられて
みなさんハマり役だなぁーと素人ながら思いました。みなさん若いのに凄かったです。
(公演名にある"Seedling"って苗木って意味みたいです。なので若い方が多いのかな?)

あ、その中でベテランの中原和宏さんもさすがの味を出されてました!

夕凪との握手シーンとか笑、シリアスなところももちろん。

天宮亮太の劇団員パートはコメディ要素満載でしたが、その雰囲気の中にも

劇団員たちの天宮への愛や想う気持ちが散りばめられてた気がします。
川本五郎とマキ、梶谷のパートはシリアスな中にちょいちょいコミカルさもあったりして。
個人的に川本五郎とマキのシリアスとコミカルのギャップが好きでした!
そしてラストは涙がうるうると…きてしまいました。

川本が最後に夕凪と天宮の言葉に翻って、ひとみに言葉を伝えたシーン

そして、夕凪が天宮を明け方までこの世に留める決心をした際に話した

ある女性のエピソードを、後であれは嘘なんだ…って話したシーン
夕凪役の松尾薫さん、どちらのシーンでも涙ながらに演技されてました…

でも悲しいんだけど、最後に夕凪と川本の少し幸せそうな表情が見れて救われた気がしました。
最後に
「アオイの花」の時の演技が素敵で、この舞台を観に行こうと思ったきっかけでもある

マキ役の松宮安里さん。
マキはホントに悪女に徹してました。今回の気迫の込められた演技も素敵でした!
あとたぶん無理だと思っていたご挨拶もできてとても嬉しかったです。

「鬼の小づち」旅公演でご一緒だった「海街dialy」にも出演されていた

亀田彩香さんの演技もキレッキレでした!
そして同じく旅公演でご一緒で「アオイの花」と「海街dialy」に出演されていた

山田奈保さんを観れなかったのは今回残念でした。
B/Cチームが観れなかったのは残念だったけれど、久々のお芝居観劇、

観に来れて本当によかったです!
また観てみたいお芝居でした!スタッフ・キャストの皆さまありがとうございました!
?

関連記事