パンくずリスト
  • ホーム
  • 王様
  • 王様新作からレアものまで

王様新作からレアものまで

王様

王様にうるさいあなたのためのサイト

【 偽嫁御・11 】
坤成殿の回廊、雪のせいで
早々に薄暗くなり始めたその角に
ヨンがこちらを伺う姿を見掛ける.

歩哨の武閣氏に向かい、
「暫し離れる」
小声で呟けば周囲で頷き、坤成殿の煉瓦の壁沿い、
歩哨に立つ 互いの間隔を、僅か広く取る。

それを認めてから、足音を立てず
回廊をヨンに向かって進む。

「話したか」
ヨンが顎先で頷く。
「予想通りか」
「ああ」

その声を聞き、私は先に立ち、回廊を前へと進む。
回廊陰の死角で、ようやく息を吐く。

万一にでも、媽媽に聞かれれば、
あれほど医仙を慕う媽媽の事、 即座に王様のお耳へ届く。
王様のお耳に届けば、枢密院使宰枢との
直接の話し合いまで、事が拡がりかねぬ。

ヨンもそれを懸念し、離れたところより、
こうして私を呼んでいる。
それは分かるのだ、奴は腐っても大護軍。
しかし分からぬのは、その同じ心遣いを
あの折に見せた、典医寺のキム御医の事だ。
心に掛かる、あの情報量。
長く天竺にて留まり、医者の修業をしていたはずが、
皇宮の事情、詳しすぎる。 そしてその配慮、並ではできぬ。
単に人間ができている、思慮深いなどと、
そんな事では片付けられぬ、あの御医。何者なのだ。

「叔母上」
ヨンに呼ばれ、我に帰り
「何だ」
そう返せば
「大丈夫か、ぼうっとして」
心配そうな声で、そう問われる。
「お前に心配されるには、三十年早いわ」
「なら良いんだ」
「で、どうだった、成果は」
その問いかけに、ヨンは僅かに 眉を寄せ、息を吐いた。
「叔母上の勘、当たりそうだ」
「だろうな」
「一先ず、手裏房に当たらせている。
俺との縁組を望んでいるのは確かだが、
それにしても、突拍子がなさすぎる」
「突拍子がない?」
「ああ、話を持ちかけるなら あの方が戻る前、
俺が一人でいた あの時期があっただろう。
俺の為人を見る時間を要したとはいえ、
四年の長さは、不自然だと思えて仕方ない」
「・・・ヨンア」
「おう」

医仙を巻き込んだ騒動の此度、 この男の事だ、
頭に血が上ったまま 勝手にまたも
見当違いな方向へ、 駆けだしていくだけかと思ったが。

どうしてどうして。なかなかではないか。

昨日の迂達赤兵舎とて、あそこで笑わねば
医仙も兵たちも、ただ右往左往したろうが、
普段仏頂面のこ奴が、あれほど大声で
笑い飛ばしたおかげで、一気に落ち着いた。

もしや此度、これほどの瀬戸際でも。
いや、安心するにはまだまだ早い。

「何だ、叔母上。呼び掛けておいて」
「ああ、いや、呼んだだけだ」
「ふざけてるのか」
そう不満げに口を尖らすその顔は、
幼いあの頃のままだというのにな。
「ふざけるわけがあるか!考えろ」

そう言って、甥の背中を思い切り叩く。
「早く帰って差し上げろ」
叩いた後にそう言えば、
ヨンは目許を微かに綻ばせ、頷いた。

そうだ、早く帰って差し上げろ。
なしではお前が生きていかれぬ、その方の元に。
 

厩に馬を繋ぐ手が滑る。
騒がしく立てた厩の横木の音に気付いたか
あの方が、宅の玄関を出て、小走りに こちらへ駆けてくる。
駆けて来てくれる、それだけで良い。

と思った瞬間、積もった深雪に足を取られ
傾いた姿に、思わず駆け寄る。
「イムジャ!!」
叫んだが僅かに間に合わず、深い雪にぺたりと尻をつき、
あの方が、大きく笑い出す。

「歩き方が上手になったと言ったでしょう!」
其処へ駆けつけ、思わずそう声を上げる。
「怪我は、どこか打ったか、捻ったか」
「上手になったと思ってたけど、
今回はほら、 ちょっと焦っちゃったから。
怪我はないわよ、雪の上だし新雪だし。
お帰り、大丈夫?どこか痛いところは?」

言い訳するその体を持ち上げて立たせ、
着物についた雪を払ってやれば、
この方は、俺の目を覗き込み、
眉を、額を、生え際を、瞼を、
睫毛を、鼻を、頬を、唇を、顎を。
その細い指で、何度も何度もゆっくりと撫でる。
そして頸に指をやり、次に手首の血脈に その指を移して、
暫し黙ってから頷いて。

「うん、大丈夫」

大きく、明るく、花が開くように笑う。
懐かしい花の香りのするあの髪を、
冷たい空気の中、ふわりと遊ばせながら。

「寒いでしょう」
俺がそう問えば、首を振って。
「ここでずっとあなたを見てても平気。 ぽかぽかする」
「ぽかぽか」
「ああ、言わないのかな・・・うーん、あのね、
寒ーい時に、あったかいお風呂に入るみたいな」
「手足に血が通う事ですか」

この方が、少し困った顔をする。
「ううん、それともちょっと…あ」

そう言って、小さな手で、俺の手を包む。
そこに自分の息を幾度も吹きかけて、
温かさが逃げぬように、上から握り込む。

「これが、ぽかぽか」
手を握ったまま、俺の目を見上げて。
ああ、そうか。あの時もそうだった。
「心の事でしたか」
「え?」
言って頷き、得心した俺に、不思議そうな声を出す。

違うのか。
「心が温いのが、ぽかぽかではないのですか」
違うのか、俺は今そう感じたが。

しかし、あなたは何故泣きそうになっているのか。
「そうか、そうなのね」
「は?」
「心が暖かいのが、ぽかぽかなのね」
「いや、分かりませんが」

そう首を傾げるあなたは、知らない癖に、
いつだって、ど真ん中をついてくる。
分かっていないふりで、知らないふりで
本当は何でも知ってるんじゃないかと思う。

その黒い瞳で、何でも見てるんじゃないかって。
大きくも小さくも見ない、ただあるべきものを
あるべき形で、見てるんじゃないかって。

だから私は、あなたの首に手を回す。
私はここにいる。だから私を、私のまま見て。
私は変われない、何も持ってない、
迷い込んだエイリアンかもしれないけど。

あなたのことを想う心は、誰にも負けない。

「愛してる」

首に手を回して、雪の中、不安定な足元で、
それでも思い切り背伸びして、耳元でそう言えば、
あなたの黒い目は、きっと今、優しく緩んでる。
くっつけた頬に伝わる、筋肉の動きで分かる。

「ウンスヤ」
「なあに」
「化粧は、必要ないぞ」
その意味が分かって、私はあなたにくっついたまま
噴き出して、笑いが止まらなくなった。

 
ポチが、どこを押せば良いか分からないと
ご意見を頂きました(;^_^A
叱咤激励、ありがとうございます。
ここをポチっとお願いいたします
↓  ぽちぼたん ↓
必要ないそうです…分かってはいたものの。
ポチっと頂けると、とても励みになります。
宜しければ、お願いします。

王様楽天ショップ紹介

前日の電話から一体何回、「好き」を繰り返したしれない

オットの浮気相手でしたが、

結婚に関しては

「親に祝福してもらえる相手ときれいな結婚をしたい」ために

オットとの結婚はありえないとのことでした。

そして、付け足すように言いました。

アユラ「それに…、ちょっと、ちがうかなって思うようになって…。」

私「?」

アユラ「先生のこと、ちょっと違うと思うようになってきていました。」

私「気持ちが冷めたってこと?」

アユラ「あー、まぁそうなんですけど、

私はどっちか言うとみんなで遊んだり騒いだりが好きなタイプなんですけど

先生はそれを嫌がって、私が何かに参加するのもイヤみたいで…。」

私は黙って、次の言葉を待っていましたが、内心びっくりです。

いや、好きだ好きだと言っといて冷めてたんかーいっていうびっくりよりも、

私もオットと付き合い始めてすぐに、全く同じことを思っていたのです。

職場での集まりとか、若い人だけの飲み会とか、

どれも私が喜んで参加していたものに、オット(当時はカレシ)は

ことごとく参加をしぶるようになったのです。

つきあうまでは、私も参加すると聞いて必ず現れたのが、

つきあい始めたとたん、自分もいかないし、私にもやめてと言ってきました。

始めてアユラの言ってることが、理解できる…

アユラ「私が親しくしている嘱託職員の女性がいるんですけど、

その人のことも先生は嫌うようになって、よく悪口を言うようになって…

だから、一緒にやってたサークルも嫌になってきて…、

先生が来ると気になって、つまらくなってきて…。

(そうそう!オット(当時はカレシ)は自分には友達がいないからか、女友達とのつきあいにまで嫉妬して妨害してきた!)

…なんだか、いつも大きなことを言うのに、実際はそうでもない。

裸の王様みたいに見えることもありました。」

裸の王様!よく言った、愛人!

断言しますが。

これは本妻の前で遠慮して、不倫相手に対して熱が冷めた演技をしているのではありません。本当にオットはしょーもない男なのです。妻や彼女の親しい人に対してもやきもちやいて平気で悪口もいいます。相手の世界をとにかく狭くしたい、そんな男なのです。

仮にこれが不倫ではなかったとしても、アユラはいつかオットと別れていたでしょう。

恋は盲目と言いますが、見えてなかったのはオットだけで、女のほうは冷静に男を見て、この男は違う、と判断していたのです。

二人はどちらかが転勤になったら関係をやめようと、常々話していたそうですが、

一番はじめに話した時に、アユラは確かにこう言ってました。

「どちらかが転勤になったら別れられると思っていました。」

関連記事