乗り換え店舗直販売店

乗り換え

乗り換え福袋限定ショッピング

室堂到着!

霧雨の中…2時間もどうしようかと思いながら
ツアーについてる早めの昼食
(ダムカレーが良かったなぁ←しつこいw)
食べてる間に晴れるわよ~とママさん
本当に晴れたw恐るべし
おかげで散策できました!
一番高い雄山も顔を出してくれました♪
みくりが池
貴ちゃんが景色開けますように…って言ってくれてたけど、開けたおかげて、本当に絶景でした~(≧▽≦)
私が昔来た時は雪の中だったんでね
ここにも湧き水

ここから、美女平駅までは、これに乗りました!

ESORAパノラマバス
5つめの乗り換え
雪の大谷のなごり雪
今年は19mあったんだとか
遠くに見える滝
バスは止まってくれました
ママさんが寝たら曇ったよね
どんだけ~
美女平駅からはまたケーブルカーで立山駅へ
6この乗り物を乗り継いでくる立山黒部アルペンルート
6時間くらいかけての移動
とても良かったです。
最高(*???*)/????? ???*

なにがしか乗り換えが見つかります。

前回からだいぶ空いてしまいましたが、続きを書きます。

リングで一瞬ツルっと滑り
ふと足元をみると氷が落ちてた。
セコンド?
観客?
誰が氷を僕の足元に置いたのかはわからなかったが
ノーノー
氷落ちてんじゃねーかよ
と日本語で言ったのを憶えてます。
2ラウンドもゴングがなってもまだ相手が効いてるようだったのでラッシュした。
しかし当時の自分のスタミナでは2ラウンドフルにラッシュすることが限界。
3ラウンドには過呼吸状態になり3.4ラウンドとフラフラになりながら乗り越えたものの5ラウンドには顔面のパンチで倒された。
相手のパンチが効いて倒れたというよりは酸素不足(チアノーゼ)になり打撃に対してふんばれなくなって倒れたという感じだろうか。
試合終わってトイレに行くと自分の唇が紫色になっていた。
ダウンを奪ってからはそれぐらい無我夢中で手を出しました。
タイでの日本人の世界戦は現在0勝23敗である。
なかなか勝てない。
とくにタイはそれだけアウェイ感が強いのだろう。
そしてシャワーん浴びる間も無くバスに乗せられまたバンコクまで10時間程かけて戻り、すぐ飛行機に乗りましたが、
シーサケート →  バンコク →  空港  →  台北空港乗り換え →  成田空港  →  自宅 の移動で計20時間くらいの大移動でそれもそれでとにかく試合と同じくらいしんどかった
しかし
負けたとはいえ良い経験させていただきいい充実感だったのを覚えています。
その節はお話をくださった青木ジムの有吉会長。
当時のジム  ワタナベジム渡辺会長  いまさらながら本当にありがとうございました。
悔やむとしたら自分の実力だしもっともっと誰よりも練習して強くなろうと思えたことも当時かなりの収穫だったと思います。
それと同時に一回目のチャレンジは負けたけどいつかまたこうやって海外に自分が噛ませ犬になって
完全アウェイの中で勝ってやるんだ
それまではボクシングやめてたまるかって帰りの道中で自分に言い聞かせた。
それから7年が経ったけど、僕はまだチャンス探してる。
声がかかれば地球の裏側だって行きたい。
いまは目の前に試合があってそこに向けて頑張ってるけど、チャンスがあったら飛びつきたい。
その姿勢はいまも昔も変わらない
日本のマッチメーカーの方々、もし海外挑戦の話しがあったら自分が喜んで引き受けます。
日本のマッチメーカー様はもしなにか話しがあれば角海老ジムか直接僕にメッセージ等頂けると嬉しいです。(その際、一選手という立場上その場でお返事できないのでジムに確認してから連絡させていただきます。)
負けたら日本ランキングが下がるとかどうだっていい。とにかくチャレンジしたいアウェイで勝ってみたいと強く思ってる。
例えそれが日本チャンピオンになってからでも
なにをバカなことをということに挑戦してこそ意味があると思うから
とにかく海外のアウェイで勝つまで走り続ける
前のフィリピンの試合はいまとなってはそのリハーサル。
噛ませとして呼ばれ絶対不利を覆し強敵に勝つ。
そんな経験をしてみたい。
タイで負けた2010年のクリスマスイヴからその気持ちはなにひとつ変わっていない。
そしてこのブログを書いてる最中に木村翔という日本の侍が上海で世界タイトル奪取しました。
映像みて痺れました
こんな風に男としてかっこいいことしてみたい。
ホームで自分より格下選手と戦うよりアウェイで自分より強い選手と戦いたい。
関連記事
  • 乗り換えの情報沢山

    ラーメン屋で隣に座った熟年カップルが大声で乗り換えの話をしていたFabulous!ブルゾンちえみですPON!が終わってそのまま、私は成田空港に向かいましたそう! ...

    2017/11/28

    乗り換え

  • 乗り換えを読み解く10の視点

    乗り換え馬鹿に馬鹿と言われる韓日の大長老の先生方のほぼ全員が大良心の叫びとして「独生女論&無原罪説」に反対しておられるというのに、なぜ日本UC本部は無視を押し通 ...

    2017/11/25

    乗り換え