チャンネル いいにおいがします。

チャンネル

チャンネルのことはもう忘れましょう。あいつはもうだめだ。

興梠、20ゴール(現在15ゴール)いってくれ

 
2ゴールの興梠慎三、“浦和らしい”コンビネーション炸裂に「試合前から話していた」

先発出場を果たした興梠は2ゴールをマークし、2-1での勝利に貢献。
自身のシーズン得点数も「15」としてキャリアハイに乗せている。

「中央でのコンビネーションというのがなかなか出せない試合が続いたので、
試合前でも『そろそろフリックとか入れていこうか』っていう話し合いをしていました。
前の3人が試合で長くやっているし、わかり合えているっていうのもあったので。
今日はちょっと失敗してもいいから、とりあえずチャレンジしてみようというのは試合前から言っていました」

2ゴールで得点ランク単独トップに立った興梠。今後のゴール量産にも期待が集まるところだ。

50mをわずか6秒で突破 浦和の流麗なダイレクトパスにファン称賛「これぞレッズ」
【動画】柏木→興梠→柏木→李→武藤→興梠、50mをわずか6秒で突破
Jリーグ公式Youtubeチャンネルが紹介した浦和の流麗なパスワークからのゴール奪取
センターサークル付近から司令塔の柏木陽介がFW興梠慎三とのワンツーで抜け出すと、そのまま右前方のFW李忠成にパス。
すると、ボールを受けた李はワンタッチでFW武藤雄樹へ。
武藤はノールックのままヒールで中央に流し、これを飛び込んできた興梠がダイレクトで右足を振り抜いてゴールネットを揺らした。

 
AFCチャンピオンズリーグ2017 準々決勝第1戦
2017年8月23日(水) 19:00キックオフ・等々力陸上競技場
川崎フロンターレ vs 浦和レッズ

◇テレビ中継
日テレジータス(生) 18:45~
解説:都並敏史 実況:中野謙吾

練習スケジュール
・8/20(日) 10:00大原
・8/21(月) 非公開
・8/22(火) 一般非公開
・8/23(水) ACL準々決勝第1戦vs川崎
・8/24(木) 10:00大原
・8/25(金) 非公開
・8/26(土) 非公開
・8/27(日) J1第24節vs清水

 
【浦和】興梠の2発で2連勝「ブサイクなシュートでしたが入って良かった」

【浦和】「ブサイクだったけど…」 2発の興梠、シーズン自己最多15点目をマーク

【浦和】興梠2発で得点単独トップ「1つでも順位上げたい」

【浦和】興梠2発!得点ランク単独トップ 雷雨で開始遅れるも

【浦和】興梠、2発!シーズン自己最多の15得点「コンディションがいい」

 
インゴルシュタットの監督も、無能なのか?
 
関根を、右サイドバックで起用しやがって
 
しかも、関根が逆転負けの起点になってるし
こんなクソ・チーム、クソDFのインゴルシュタットじゃ、
関根の良い面は全く出ないぞ
 
どんなスカウティングしたら、右サイドバックで起用するのか、ほんと意味不明の無能監督だな

チャンネル 自然が好きです。

緊張高まります・・・

新羅ホテルで会見だなんて

サスガ・・・

韓国記事

「軍勤務修了ドル」東方神起、今日(21日)から完全体の活動。亞プレスツアー

グループ東方神起が、今日(21日)から正式に完全体の活動に突入する。最初のスケジュールは、国内で開かれるアジアプレスツアーだ。

東方神起は21日午前、ソウル奨忠洞の新羅ホテルでアジアプレスツアー」TVXQ!ASIA PRESS TOUR」の記者会見を開く。ユノとチャンミンは、グローバル以降、正式に東方神起完全体に姿を現わすの最初の席だ。

以後東方神起はツアーに突入する予定、軍の空白期の間、これら待ってくれたファンたちに会うことになった。国内はもちろん海外でもコンサートを続けながら、ファンと活発に挨拶を交わすことができるようになった。「軍勤務修了ドル」として舞台に立つ東方神起を初めて会う席がされているわけだ。

?

東方神起は2015年同時期に入隊し、軍入隊による空白期を最小限に抑えた。ユンホが去る4月20日転役のに続き、チャンミンが18日の義務警察服務を終え転役、2年ぶりに東方神起に再び舞台に上がることができるようになった。東方神起は、まず記者会見を通じて軍全域と完全体の活動の感想、今後の計画などについて明らかにする予定だ。

 

東方神起の活動とは別にユノユンホは演技者として次期作も選択した。ケーブルチャンネルtvNドラマ「もう!オヘヨウン」で大ヒットを記録したソンヒョンウクPDの新作「メローホリック」の出演を決めながら演技活動も続けていく計画である。

東方神起は2004年のデビュー以来、韓
国だけでなくアジア全域でまぶしく活躍、K-Popブームを導いたリーダーで強大なパワーを発揮してきた。
過去2015年7月に入隊を控えて発表したスペシャルアルバム「RISE AS GOD」に韓国と中国の音楽チャートを席巻した。また、2012年から2015年までの4年間、日本単独コンサートツアー累積観客数275万人を記録し、東方神がこれから示す活動がより一層期待を集めている。

間もなくかな~

関連記事