パンくずリスト
  • ホーム
  • 観劇
  • ダメ人間のための観劇の6つのコツ

ダメ人間のための観劇の6つのコツ

観劇

今ここにある観劇

GACHI、いつもの観劇だったら、
観たそのときそのときで、
自分なりの感想を書き留めているのですが、
今回はうまく言葉にならなくて。

演出の方や他の方の記事をリプログばっかりしています。






しかし、東京公演は後半戦に入ったと、
演出の方やバンドの方が呟いてるいらっしゃる。


残りの公演の前に、
少しずつでも自分なりに何かしら残しておきたいと思います。




ということで。



私の思い出し順。
ストーリーに対する順不同です。



3公演観たのをごっちゃに書いてしまいますので。









目玉になる部分について。

ジャニーズ初の高座で落語をやった辰巳さん、
ロボットの福ちゃん、
殺陣のザキさん、
と、目につきやすいところでいろいろ書かれていて、
ではこっしーは?
と、パッと思いつかない感じですが、
こっしーは青春したい、と。



初観劇のときに、
いろんな場面でぶわーっと泣いたと、
先日書きましたが、
最初に涙が出たのは、こっしーにスポットが当たったこの場面だったのでした。



ジャニーズって、男女のペアダンスを踊ることはそうそう無い。


だからEndless SHOCKやKinki兄さんの曲は、稀有な存在だと思う。



そんなペアダンス、それをソロで爽やかに見せてくれた越岡さんに、
感極まってしまったのでした。


初めて観た日は、その爽やかさに泣いたし、
2回目には、
「なんて楽しそうに踊るんだろう」と、そこに泣けた。


3回目に観たときは、
少し穿った見方をしてみて、
「青春がしたいというのはいろいろ制約が多い自らの本心の叫びか?」とも思ってみた。

けどこれは少々違うような気がしたな。



でも、ジャニーズではなかなか観ることができない男女のペアダンスと恋愛模様。



とってもこっしーらしい爽やかな感じで、
それもこの舞台全体の一歩目としたら、
爽やかな感じで唐突でもなくて、
すんなりその後の展開に入っていけて、
大好きなシーンです。





たたみます。



こっしーのたたむシーンがまた見られます。


冒頭のふぉ?ゆ?ではなくて「とぅ?み?」のシーンを見て笑ってるところです。


松崎さんが発電のために跳んだ縄跳びを、
そこらに放り出す。
慌ててこっしーが拾ってきちんと畳んで結わいて片付ける。



そういえば、こっしーが「たたみます」シーンは今までにも各所で観られた。



「23階の笑い」ではベレー帽を3枚たたむミルト。

「縁?むかしなじみ?」ではビールを拭いたタオルをたたむ凪沢和也。
リペアのナオキちゃんは何か畳んでたっけ?
松川さんにバケツで水をぶっかけられてビショビショになった服を着替えた後かな。


たたみます笑






ザキさんが二重跳びをするシーンは、
いつぞやのA.B.C-Zラジオにゲスト出演したときにやってた対決みたいで、
ザキさんのおパンツが下がっていくのではないかと心配しちゃうところでもある。






さらに余談だけど、
今日バンドの方が呟いておられた。


開演までにフェイドインしてくる演奏、あれは即興なのだそうです。

そういえば、「チックコリアだな」と思った日があったのに、
別の日では全くチックコリアじゃなかった。



なるほど納得しました。
このペースで書いていると、
次の観劇日になってしまいそうですが、
そもそも140文字であれこれ言うのが苦手で。
こんな感じでちょこちょこと書き留めて行きたいと思います。
1個目、終わり。

観劇根強い人気と豊富なラインアップの通販サイト

関西のみなさま

六本木歌舞伎「座頭市」in
大阪フェスティバルホール??
ご観劇くださりまして
誠にありがとうございました??
あついあついカーテンコールに
胸が熱くなりました
あたりまえやけど
お芝居はお客様あってのもの
お客様の喜ぶ姿が見たい
そのために頑張れる
心からそう感じた公演でした
ありがとう
ありがとう
ありがとう
しばし
公演はないのですが
今月後半
2つほど催しがございます??
お世話になってきた方々の催しに
顔を出させていただきます
稽古稽古稽古ですっ??
さっ
いっぷく
ヒーコータイム
して
もろもろ策を練ろうと思いますっ
あっ
それから
九團次の会チケットも
たくさんご購入いただきましたこと
この場をお借りして
御礼申し上げます
関連記事